払戻しについて

ご不要になったhanicaカード、各種定期券、1日乗車券は窓口で払戻しができます。
※払戻手数料が必要です。
※ご使用日数、カード残額によっては払戻額が無い場合もございます。

ご不明な点等ございましたら、事前にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

お問い合わせフォーム
乗車券販売窓口一覧

hanica(チャージ利用分)

カード内の残額からプレミア相当額・払戻手数料(210円)を差し引いた金額を払い戻します。

例) カード内残額3,000円(うちプレミア相当額240円)の場合

ご注意ください
hanicaの払戻しは、一括(全額)しかできません(一部のみの払戻しはできません)。
お客様登録されたhanicaの払戻しは、本人確認ができる公的証明書(運転免許証など)のご呈示が必要です。
プレミア相当額を差引いた残額が210円以下の場合、払戻しはございません。
hanicaカードを解約される場合は、払戻額とは別にデポジット分500円を返金します。

定期券(鉄道連絡定期券を除く)

定期券を使用しなくなった場合は、下記のとおり払戻しができます。

・通用開始前の定期券
 ご購入金額から払戻し手数料520円を差し引いた額
・通用開始後の定期券
 通用開始日から払戻請求があった日(窓口にお越しいただいた日)までを経過日数とし、片道基準運賃※で1日2回乗車しているとみなし、その金額及び払戻手数料520円を差し引いた額を払い戻します。

例:220円区間の通勤定期券(6ヶ月)で、通用開始日から40日経過した場合の払戻額は…
51,300円[ご購入金額]-40日[経過日数]×220円[片道基準運賃]×2回(往復)-520円[払戻手数料]=33,180円となります。

※グランドパス65の片道基準運賃は220円です。
 その他の定期券の基準運賃については、各運賃表をご確認ください。

ご注意ください
払戻しの際は、本人確認ができる公的証明書のご呈示が必要です。
クレジットカードで購入された定期券を払い戻す場合、ご購入の際に使用されたクレジットカードをお持ちのうえ、購入の際にご利用いただいた窓口へお越しください。
クレジットカードでご購入いただいている場合、現金での払戻しは致しかねます。
自動定期券発行機でご購入いただいている場合は、阪急バスの営業所・案内所(大阪梅田チケットセンター、阪神尼崎駅、アズナス各店舗等の委託販売窓口を除く)にて払戻しが可能です。
hanicaカードを解約される場合は、払戻額とは別にデポジット分500円を返金します。

回数カード

2013年9月末をもって、払い戻し期間は終了いたしました。

1日乗車券

ご利用期日前で未使用の場合に限り、ご購入金額から払戻手数料(100円)を控除した金額を払い戻しいたします。

その他の乗車券について

以下の乗車券の再発行・払戻しは当社では対応できませんので、各カードの発行会社、ご購入先へお問い合わせください。

● 阪神バス発行の定期券(hanica定期券を含む)
● 鉄道連絡定期券
各鉄道会社の定期券販売窓口までお問い合わせください。
● hanica以外のICカード(PiTaPa、ICOCAなど)
紛失した場合は利用停止/再発行が可能です。 ICカード発行会社までお問い合わせください。

関連情報