1. HOME
  2. > 運転士採用
  3. > 社員インタビュー

社員インタビューCAREER ENTRY

運転のプロに育てる教育プログラム

こんな先輩社員達が活躍しています。会社の顔であるバスを日々運行し、地域の人の生活を支える若き運転士に阪急バスで働くやりがいや今後の夢を語ってもらいました。

お客様に感謝をいただけるやりがい

長田 耕平(2010年入社)

車と運転が好きで、子供のころから馴染のある阪急バスに入社しました。バスは乗務中の少しの気のゆるみ、油断が事故や怪我につながるので毎日が緊張の連続ですが、ときにはお客様からお褒めの言葉をいただくこともあります。一度、ベビーカーのお客様の乗降時のお手伝いをしたときは、会社までご連絡をいただいて、社内で表彰されました。自分にとっては当たり前の事でしたが、評価されるとやはり更なるモチベーションに繋がります。

快適で安全な運行のために

私たちの使命は時刻通りにバスを運行させるのはもちろんですが、それよりもお客様に安全で快適に利用していただくこと。そのために運転スキルだけではなく、対応や言葉遣いにも気をつけて、たとえ混雑時であってもできるだけお客様にストレスがかからないよう心がけています。

夢を叶えるステージがある

まだ入社2年ですが、今は日々自分の成長を実感しています。たとえばブレーキ一つにしても、車内に衝撃を与えず静かに止まれる回数が徐々に増えてきていて、運転技術は確実に向上しています。未熟な部分はまだ多いですが、将来は阪急バスで高速バスを運転するのが夢。正社員登用後は指導運転士など、ステップアップの道が用意されているのも大きな魅力です。

憧れていた阪急バスの運転士として

浅居 淳二(2011年入社)

前職でもバスの運転士をしていました。阪急バスにはずっと憧れがあったのですが、技術やマナーレベルが非常に高い会社ですので、ある程度の経験と技術を積んでからチャレンジしようと決めていたんです。 当社は「何よりも安全を優先する」という考えから、経験はあったものの入社後の研修では技術面も厳しく指導していただきました。まだまだ足りないところはありますが、運転士としてレベルアップしてきたと思います。

使命はお客様を安全にお送りすること

私が運転で心がけているのは常に車内の状況を把握すること。体が不自由な方、お年寄りの方、夜だとお酒を飲まれた方などどんな方が乗っていらっしゃるのかを必ず確認するようにしています。何よりも大切なのは事故をしないことなので、時間に余裕がないときでも必ずサイドブレーキを引いて、お客様が確実にお座りになるまで発車はしません。お座りにならない場合、マイク案内を使って着席のお願いをすることもあります。

阪急ブランドを背負う誇り

以前、台風の影響でバスが超満員になったとき、降りられるお客様から「全然苦しくなかったよ。さすが阪急さんだね」と言っていただいたことがありました。技術を認めてもらえた喜びと「さすが」といっていただける「阪急バス」のブランドを背負う責任とやりがいを大きく感じました。これからも阪急バスの一員として、多くのお客様の生活を支えているという誇りを持って仕事に取り組んでいきたいです。