高速バスからのお知らせ

阪急高速バスの新型コロナウイルス対策について

2020年09月07日

ご利用のお客様へ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記の対策にご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。


・バス出入り口に手指消毒液を装備しておりますので、適宜ご利用ください。

・ご乗車の際は、マスクをご着用ください。また、車内での会話は極力お控えください。

・お客様同士の間隔を確保するため、使用できる座席を制限させていただく場合があります。

・ブランケットの貸出を中止するなど、一部車両設備を制限させていただく場合があります。

・バスターミナルやバス停においてお並びの際は、可能な限り他のお客様と距離を空けてください。

・体調不良等の症状がある場合は、ご利用をお控えください。

(出典)くらしの足をなくさない! 交通崩壊を止める緊急フォーラム運営委員会


阪急バス(高速バス)の取り組み

当社におきまして、新型コロナウイルス感染予防として以下のとおり取り組んでいます。


1. マスク着用の徹底

乗務員は、感染予防のためマスクを着用しています。

2. 乗務員の体調管理

乗務員に対し、手洗い・うがいの励行を指示しています。また、出勤時に乗務員健康状態の確認を実施し、健康上支障のおそれのある場合は、乗務を見合わせます。

3. アルコール消毒液の設置

バス車内にアルコール消毒液を設置しております。

4. 車内の換気

運行中は、エアコンの「外気導入モード」運転により、外気を取り込み換気しています。車内の空気は約5分で入れ替わります。


【三菱ふそう】換気機能

さらに詳しくは→ 【 三菱ふそう】新型コロナウイルス新生活様式への対応

【日野自動車】室内換気性能

さらに詳しくは→ 【日野自動車】車内空調について


5. プラズマクラスターの装着

阪急バスの高速バス全車両にプラズマクラスターを装着しています。


・内蔵タイプ
エアコンに標準搭載されているタイプの車両です。

・後付けタイプ
エアコンと別に設置したタイプです。1車両あたり3台設置しています。

「プラズマクラスター」による空中除菌のメカニズム

さらに詳しくは→【デンソー】バス用プラズマクラスターについて


6. 抗菌・抗ウイルス加工の実施

阪急バスの高速バス全車両に抗菌・抗ウイルス加工を行っています。


【ラーフエイド】

さらに詳しくは→【ラーフエイド】ハイブリッド触媒®技術 ラーフエイド


【セルフィール】

さらに詳しくは→【ニチリンケミカル】セルフィール


皆様のご乗車をお待ちしております。